頭蓋神経病変

頭蓋神経病変

この記事は 医療専門家

プロの参考記事は、医療専門家が使用するために設計されています。それらはイギリスの医師によって書かれて、研究証拠、イギリスとヨーロッパのガイドラインに基づいています。あなたは私たちのいずれかを見つけることができます 健康記事 より有用。

頭蓋神経病変

  • 病変はどこにありますか?
  • 嗅覚(I)神経
  • 視神経(II)神経
  • 動眼神経(III)神経
  • Trochlear(IV)神経
  • 三叉神経(V)神経
  • 外転(VI)神経
  • 顔面(VII)神経
  • 前庭蝸牛(VIII)神経
  • 咽頭(IX)神経
  • 迷走神経(X)
  • 脊髄副(XI)神経
  • 舌下(XII)神経
  • 複合脳神経病変

神経を調べる方法についての詳細な注意事項については、頭蓋神経の検査に関する別の記事を参照してください。

病変はどこにありますか?

体系的に考えてみてください - それは:

  • 筋肉(ジストロフィーなど)
  • 神経筋接合部(例、筋無力症)?
  • 脳幹外の脳神経病変(圧迫など)?
  • 脳幹内の脳神経病変(例、多発性硬化症(MS))?

脳神経は単独でまたは集団で影響を受ける可能性があり、どの神経が関与しているかの知識が病変の位置を特定するのに役立ちます。神経の解剖学的経過を思い出した後に、脳神経損傷の原因のいくつかを以下に示す。

あらゆる脳神経に影響を及ぼしうる状態

  • 糖尿病
  • ミズ
  • 腫瘍
  • サルコイド
  • 血管炎(例、結節性多発動脈炎)
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)
  • 梅毒
慢性髄膜炎(悪性、結核、または真菌)は、下の脳神経を一つずつ拾う傾向があります。

嗅覚(I)神経

  • 解剖学。嗅細胞は、篩状板を通って嗅球に至る一連の双極性ニューロンです。
  • サイン。味覚と匂いを減らしましたが、三叉神経を運んでいる疼痛繊維を刺激するアンモニアにはしませんでした。
  • 原因。外傷、前頭葉腫瘍、髄膜炎。

視神経(II)神経

  • 解剖学。視神経線維は、網膜神経節細胞の軸索です。視交叉では、網膜の鼻の部分に由来する繊維だけが矯正され、矯正されていない繊維と結合し、そしてそれぞれの視神経路を通って後方に視皮質へと通過する。
  • 兆候と原因:
    • 視野欠損 - 視野欠損に関する別の記事を参照してください。
      • 視野欠損は視力喪失の小さな領域(暗点)として始まる。
      • 単眼失明症:片眼の病変または視神経 - 例:MS、巨細胞性動脈炎。
      • 二国間の失明:メチルアルコール、タバコ弱視。神経梅毒。
      • 二側頭側片側片側視:視交叉圧迫 - 内頸動脈瘤、下垂体腺腫または頭蓋咽頭腫。
      • 同名半盲:病変の反対側で、両眼の視野の同じ半分(左または右)の喪失(例えば、右側病変は、両眼の視野の左側の喪失を引き起こす)。病変は、視神経乳頭、外側膝状核、視神経乳頭または後頭皮質における視交叉の背後にある - 例えば、脳卒中、膿瘍、腫瘍。
    • 瞳孔異常 - 瞳孔異常に関する別の記事を参照してください。
    • 視神経炎(目を動かすことによる痛み、中心視力の喪失、求心性瞳孔欠損、乳頭浮腫)。原因:脱髄。まれに、副鼻腔炎、梅毒、コラーゲン血管障害。
    • 視神経萎縮症(淡明な視神経乳頭および視力低下):MS、前頭部腫瘍、フリードライヒ失調症、網膜色素変性症、梅毒、緑内障、Leber視神経萎縮、視神経圧迫。
    • 乳頭浮腫(腫脹した椎間板):
      • 頭蓋内圧亢進(ICP)(腫瘍、膿瘍、脳炎、水頭症、良性頭蓋内圧亢進症)。
      • 後眼窩病変(例、海綿静脈洞血栓症)。
      • 炎症(例、視神経炎)
      • 虚血症(例、高血圧の加速)。

動眼神経(III)神経

  • 解剖学。この神経は、大脳基底核の内側面で脳幹から出現し、その後、後部連絡動脈のすぐ近くで、後部大脳動脈と上小脳動脈との間を進む。それは小脳小脳の端の近くの硬膜を突き刺して、そして軌道に入るためにIVとVIの神経で海綿静脈洞の外側部分を通過します。
  • サイン。最初の徴候は、しばしば適応しない固定された拡張瞳孔です。それから、眼瞼下垂が発症し、次に完全な内眼筋麻痺(眼瞼下垂によって隠される)が発生します。対向していない外側直腸は、眼の外側への逸脱を引き起こす。眼球交感神経線維が眼窩後方でも影響を受ける場合、瞳孔は固定されますが拡張はされません。
  • 単一のIII病変の原因。糖尿病、巨細胞性動脈炎、梅毒、後交通動脈瘤、特発性。幽門を通して盲腸ヘルニアを引き起こすならば、ICPを上げました - これは神経を圧迫します。瞳孔が拡張していない第三神経麻痺は、真性糖尿病または他の血管の原因によるものです。瞳孔の早期拡張は、圧迫性病変を意味します。 3番目の神経病変からの複視は眼振を引き起こす可能性があります。

下記の「複合脳神経病変」も参照のこと。

Trochlear(IV)神経

  • 解剖学。脳幹を後方に通過し、前髄質部を断裂し、髄質と側頭葉との間の脳幹を一周し、尖部を通過してIIおよびVIで海綿静脈洞に入り、上斜角を供給する軌道に入る。筋。
  • サイン。下向きおよび内向きの眼球運動の弱さによる複視。純粋な垂直複視の最も一般的な原因。患者は頭を患部から離れるように傾けることによって補う傾向がある。
  • 単一のIV病変の原因。まれで、最も一般的には軌道への外傷によるものです。それは糖尿病または高血圧に続発する梗塞においても起こり得る。

下記の「複合脳神経病変」も参照のこと。

三叉神経(V)神経

  • 解剖学。眼科、上顎および下顎の分割:3つの幹を形成します。後者は、感覚線維と運動線維の両方を含みます。供給される皮膚の正確な領域にはかなりの個人差があるかもしれません:
    • 眼科部門は海綿静脈洞のIII、IVおよびVIにあり、鼻の鼻、額、および目(角膜反射を含む)の上に皮膚を供給します。
    • 上顎分割は、海綿静脈洞の下側部分および円孔孔を通過し、そして副交感神経線維と結合して、口蓋パラフィン神経節を形成する(流涙)。それはそれから眼窩下神経として軌道に入り、最終的に目と口の角度から中側頭領域の頂点まで伸びる皮膚の上唇、頬および三角形の皮膚に供給します。
    • 下顎分割は、下唇の皮膚から耳介の卵円孔を通って頭蓋骨を残し、耳介の耳珠と上部までを含みます。口の底の粘膜、頬および舌の前方の2/3(顔面神経の鼓索枝からそれをつなぐ味覚繊維)。運動繊維は、咬筋、側頭筋、およびプテリゴイドを供給する。
  • サイン。患部の感覚や感覚異常を軽減する。顎の噛み込みと左右の動きの弱さ。下部運動ニューロン(LMN)病変がある場合は、口を開くと顎が弱い側に逸脱します。側頭筋と咬筋の束縛があるかもしれません。
  • 単一のV病変の原因。下記の「複合脳神経病変」も参照してください。
    • 感覚:三叉神経痛、帯状疱疹、上咽頭癌。
    • 運動:球麻痺、聴神経腫。

外転(VI)神経

  • 解剖学。第四脳室底部の核から、線維は橋の中を前に通り抜けて入り、頭側頭頂を横切って脳の基部上の長い脳外経路をたどり、背側耳介近くの後頭蓋骨を通って入る。海綿静脈洞と軌道と外側の直腸筋へのそこから。
  • サイン。横に見ることができない。眼は内側直筋の対抗作用のために内側に外れる。

    外側の直腸が左目を動かせないことは非常に明白です。患者はそれに従おうとしていないので、光の偏心反射を無視する

  • 単一のVI病変の原因。 MS、ポンティンCVA。発生したICPでは、(脳外経路が長いために)誤ったローカライズの兆候と見なされます。

下記の「複合脳神経病変」も参照のこと。

顔面(VII)神経

  • 解剖学。主に運動(外耳道からのいくつかの感覚線維、唾液分泌を制御する線維、および前舌からの味覚線維)。繊維は、ポンをVIIIの内側に残して内耳道を通過する前に、VI核の周りをループする。それは顔面管の側頭骨を通過し、中耳の内側に膝状神経節(味および唾液分泌)を形成するように広がって、それからそれは急激に変わって(そして鼓索腱が出て)、体腔瘻孔を通って出現する。表情の筋肉を供給しなさい。
  • サイン。顔面の脱力。 LMN病変では、額は麻痺します - 筋肉への最後の一般的な経路は破壊されます。一方、上部顔面筋は、脳幹内の代替経路のために上部運動ニューロン(UMN)病変において部分的に免れている。自発的な行動と感情的な行動には異なる道筋があるようです。 CVAは通常随意運動を弱め、しばしば不随意運動を控えさせます(例:自発的な笑顔)。よりまれな、感情的な動きの選択的な喪失は、まひ性麻痺と呼ばれ、通常は正面または視床の病変が原因です。
  • 単一のVII病変の原因:
    • LMN:ベル麻痺、ポリオ、中耳炎、頭蓋骨骨折、小脳橋角部腫瘍、耳下腺腫瘍、帯状疱疹(ラムゼイハント症候群)、ライム病。
    • UMN :(額を免れる - 両側性神経支配):脳卒中、腫瘍。

下記の「複合脳神経病変」も参照のこと。

前庭蝸牛(VIII)神経

  • 解剖学。蝸牛(聴覚)と半規管、卵形嚢と嚢(バランスと姿勢)への2つのグループの繊維を運びます。それらは、顔面神経と共に、後頭蓋窩を横切って脳幹から内耳道まで通過する。
  • サイン。片側感音難聴、耳鳴り。成長が遅い病変は、代償が起こる時間があるので前庭症状を呈することはめったにありません。
  • 単一のVIII病変の原因。大きな音;骨のパジェット病、メニエール病、帯状疱疹。神経線維腫、聴神経腫、脳幹CVA、鉛、アミノグリコシド、フロセミド、アスピリン。下記の「複合脳神経病変」も参照のこと。

咽頭(IX)神経

  • 解剖学。感覚、運動(咽頭のみ)および副交感神経繊維(唾液腺)を含みます。後頭蓋窩を通り、頸静脈孔を通って頸部に入り、扁桃腺、口蓋および舌の後方3分の1を供給します。
  • サイン。一側性の病変は、二側性の皮質鱗茎の連結のためにいかなる欠損も引き起こさない。両側性病変は偽眼球麻痺を引き起こす。これらの神経は密接に関係しています。
  • 原因(単一神経病変は非常にまれ)。外傷、脳幹病変、小脳橋角頸部腫瘍、ポリオ、Gullain-Barré症候群(GBS)。

迷走神経(X)

  • 解剖学。迷走神経、「放浪者」は、運動繊維(口蓋および声帯まで)、感覚成分(外耳道の後部および底部)、および内臓の求心性および遠心性の繊維を含む。それは頸静脈孔を通って頭蓋骨を離れ、首にある頸動脈鞘の中を通過し(心臓の枝を出し、そして声帯に供給する再発性の喉頭神経)、そして胸部を通して肺に供給し、そして食道開口部を通して供給し続ける。腹部の臓器。
  • サイン。口蓋衰弱は「鼻の発話」や鼻の逆流を引き起こす可能性があります。患者が「ああ」と言うと、口蓋は非対称的に動く。再発性神経麻痺は、arse声、ボリュームの低下、および「ウシの咳」をもたらします。
  • 原因(単一神経病変は非常にまれ)。外傷、脳幹病変、小脳橋角部の腫瘍、頸静脈孔および頸部。ポリオ、GBS。

脊髄副(XI)神経

  • 解剖学:モータから胸骨乳頭腫様および台形へ。
  • サイン:これらの筋肉の弱さと無駄。
  • 原因:上記の「迷走神経(X)神経」として。

舌下(XII)神経

  • 解剖学。それは後部窩を横切って短時間通過し、舌下管を通って頭蓋骨を離れ、そして舌および大部分の舌下筋に運動線維を供給する。
  • サイン。 LMN病変は舌の同側を衰弱させ、束縛を伴う。そして、突出を試みると、舌は患側に向かって逸脱するが、舌は中央病変の側面から離れるように逸脱する。

    舌の左側の浪費と左への逸脱は左LMN病変を示唆する

  • 単一のXII病変の原因:まれです。ポリオ、結核性結核、椎骨動脈の分枝血栓の中央値。

複合脳神経病変

  • VII、VIII、次にVそして時にはIX:小脳橋角腫瘍。
  • V、VI (Gradenigo症候群):側頭骨の骨の中の病変。
  • III、IV、VIの組み合わせ:脳卒中、腫瘍、ウェルニッケ脳症、動脈瘤、MS、重症筋無力症、髄膜炎、筋ジストロフィー、筋緊張性ジストロフィー、海綿状静脈洞血栓症、GBS、頭蓋動脈炎、外傷および眼窩病変。

この情報は役に立ちましたか? はい いいえ

ありがとう、私達はあなたの好みを確認するためにちょうど調査Eメールを送りました。

浮腫の腫れ

真菌性ネイル感染症