骨形成不全症

骨形成不全症

この記事は 医療専門家

プロの参考記事は、医療専門家が使用するために設計されています。それらはイギリスの医師によって書かれて、研究証拠、イギリスとヨーロッパのガイドラインに基づいています。あなたは私たちのいずれかを見つけることができます 健康記事 より有用。

骨形成不全症

  • 分類
  • 遺伝学
  • 疫学
  • プレゼンテーション
  • 鑑別診断
  • 調査
  • 管理
  • 予後
  • 防止
  • 歴史ノート

同義語:脆性骨症候群、Adair-Dighton症候群、ファンデルホーベ症候群、Ekman-Lobstein症候群

骨形成不全症(OI)は、骨の脆弱性を増加させる遺伝性の症状です。それは主にタイプIの主要フィブリルコラーゲンを含む組織、例えば骨や歯に影響を与えます。それはまた強膜、関節、腱、心臓弁および皮膚にも影響を及ぼす。

OIは、I型コラーゲンの欠損によって引き起こされる常染色体優性骨異形成症であると考えられていました。しかし、過去10年間で、さらなる(主に劣性の)原因遺伝子の発見は、主にコラーゲン関連の病態生理を支持してきた[1].

分類[2]

7種類あります。

  • タイプI - 最も穏やかな形:これは骨量の減少および不完全な骨形成を引き起こす。プロアルファ1またはプロアルファ2コラーゲンポリペプチドの異常または減少による。骨粗鬆症の骨には過剰の骨芽細胞と骨細胞があります。それはまた、薄い強膜、細い弱い腱、薄い心臓弁および拡張した大動脈根を引き起こす。
  • タイプII - 致死的形態:新しい優性突然変異が原因で発生した症例では、正常な石灰化軟骨の欠陥のある骨基質への変換が不完全なため、多発性骨折(子宮内で頻繁に発生する)および短肢が生じる。結果は完全に無秩序で構造的に無能な骨構造です。
  • タイプIII - 重度に進行性:これは変形しているサブタイプです。これには、着生骨および骨幹端部に様々な量の織り込まれた未成熟骨、組織化されていない小柱、および複数の軟骨島があります。子供は骨折で生まれる可能性があります。それは、年齢とともに増加する骨の変形および繰り返しの小児骨折による極度の低身長によって特徴付けられる。 1型コラーゲン欠損症に続発する、青黄色で小さな形の悪い歯を伴う、一般的に損なわれた歯列、「象牙質形成不全症」(DI)があります。
  • IV型 - 中程度の重症型:これは、白強膜を有することにより1型と区別され、III型からは、常染色体優性遺伝により区別される。

最近いくつかの他のタイプが記載されている(タイプV、VI、VII)。同じ遺伝的変異は、タイプI〜IVの場合とは異なります。

  • タイプV:これは中程度に変形しており、患者は長骨および椎体の中程度から重度の骨脆弱性を示す[3]。通常の色の強膜と靭帯の弛緩があります。 DIはありません。典型的には、患者は、放射状の頭部脱臼、過形成性カルス形成および異常な組織病理学的パターンを伴う前腕の骨間膜の骨化症を有する。
  • タイプVI:これは、ミネラル代謝障害を伴わない、ミネラル化障害による骨様突起の蓄積を伴う中程度から重度の形態の脆性骨疾患です。[4]。 OIタイプVIの患者は、OIタイプIVの患者よりも頻繁に骨折を起こします。骨折は生後4〜18ヶ月の間に最初に文書化されます。強膜は白色またはわずかに青色であり、DIは一様に存在しない。すべての患者が椎体圧迫骨折を起こしています。根本的な遺伝的欠陥はまだ知られていません。
  • タイプVII:これは中程度から重度の劣性形態であり、出生時の骨折、青みがかった強膜、下肢の早期奇形、口蓋膣症および骨減少症を特徴とする[5]。根茎病(近位四肢短縮)は、顕著な臨床的特徴である。この病気は、I型コラーゲン遺伝子の遺伝子座の外側にある染色体3p22-24.1に局在しています。

遺伝学

ほとんどすべての場合において、観察されたOIの臨床的形態にかかわらず、遺伝様式は優性であるかまたは新しい優性変異を含む。患者の約90%がI型コラーゲン遺伝子(COL1A1とCOL1A2)に突然変異を持っています。しかしながら、他の多くの遺伝子が今記載されている。[2].

CRTAP、FKBP10、LEPRE1、PLOD2、PPIB、SERPINF1、SERPINH1、SP7、WNT1、BMP1およびTMEM38B遺伝子において、劣性OIと関連するさらなる突然変異、ならびに優性OIと関連するIFITM5遺伝子における突然変異が同定されている。 OIの分子基盤の遺伝的複雑さに加えて、広範な表現型変異もあります[6].

疫学

発生率はおよそ1 / 15,000-1 / 20,000出生ですが、より軽度のフォームは診断を回避することができるので、これは過小評価される可能性があります[7].

それは致命的な短肢性小人症および骨格異形成の主な原因です。

プレゼンテーション

タイプI

  • これは全症例の60%を占めています。
  • 骨折は周産期以降のいつでも起こり得る。
  • 全体的な骨折率の発生率は通常よりも7倍高く、成人の椎骨ミネラル含有量は減少しています。
  • 小児期には、骨折は多数になることがありますが、変形につながることはほとんどありません。
  • あらゆる種類の骨折が起こる可能性があり、これらは年齢とともに頻度が低くなります - 最も一般的に影響を受けるのは下肢です。
  • 頭蓋骨は複数のワーム骨を示しており、ボールトはベースから張り出している可能性があります。
  • 歯が罹患すると、他の罹患者よりも罹患する可能性があります。象牙質から容易にエナメル質が破砕して変色し、両方のセットで急速な侵食を引き起こす。
  • 青い強膜は、強膜の薄さが原因で脈絡膜の色素性被膜が見えるようになることによって引き起こされる重要な徴候です。
  • 多くの場合、高コレステロール血症とは無関係の早期弧があります。
  • 心臓への影響は重要です。それらには、大動脈の機能不全、大動脈の根の拡大、および僧帽弁逸脱が含まれます。
  • 多くの場合、扁平足、超伸張性の大きな関節および脱臼を伴う関節の可動性亢進がある。
  • 聴覚は中耳の変化によって影響を受ける可能性があります。

タイプII

  • これらはしばしば20週の超音波検査で出生前に診断されます。
  • すべての乳児が多発性骨折ですぐに死亡するわけではありません。
  • 幼児は短く、手足は短く変形しており、頭蓋骨は柔らかく変形しており、強膜は濃い灰色 - 青である。
  • しわくちゃの長骨とビーズの肋骨があります。

タイプIII

  • 子供は骨折で生まれてもよく、頭蓋骨は骨化しています。
  • 初期には頭蓋骨、長骨、脊椎、胸部および骨盤の進行性変形が見られます。
  • 顔は大きなボールト、目立つ目、そして小さなあごを持つ三角形に見えます。
  • 強膜は乳児期には青色ですが、小児期には通常の色です。
  • 複数回の外科手術の後でさえも、患者はめったに歩きません、そして、彼らは非常に短い身長を持っています。
  • 早期死亡は、重症の後側弯症に関連する肺活量の低下に起因する呼吸器感染症から起こり得る。

タイプIV

  • これは、出生時の骨折や足の骨の湾曲、あるいは歩行時の再発性骨折などで明らかになります。
  • 強膜は小児期には正常な色であり、身長が低下し、身体障害が変化します。
  • 患者は、長骨の上に腫れ、痛みを伴う血管腫脹として現れる過形成性カルスの合併症を有するかもしれません。

タイプVI〜VII
上記の「分類」を参照してください。

鑑別診断

  • その他の致命的な短肢性小人症の形態:
    • 軟骨形成
    • タナトフォリック小人症
    • 窒息性胸部ジストロフィー
  • 非偶発的傷害は小児期の主な鑑別診断です。
  • 小児期後期および青年期:特発性若年性骨粗鬆症

調査

出生前診断、2番目の学期で、超音波による最も厳しい形式で。日常的なスキャンでは、手足の短縮と変形、および異常な頭蓋骨の形状が示されます。石灰化の欠如、および肋骨の変形がAP投影上に「シャンパンコルク」の外観を引き起こすこともあります。

出生後の調査には、X線、骨密度測定および遺伝子検査が含まれます。現在、生化学的スクリーニングの方法はありません。

管理

  • 理学療法、リハビリテーション、装具および外科的介入を含む集学的ケア。
  • ビスフォスフォネートは、OI患者に広く使われています[8].
  • ビスホスホネートは、破骨細胞活性を刺激しながら破骨細胞活性を阻害することによって骨に結合し安定化させる[9, 10].
  • パミドロネートの静脈内投与は、痛みを軽減しエネルギーレベルを高めながら、骨折の発生率を減らし、骨密度を高めます。

手術

  • 外科的介入としては、髄内ロッド配置、脳底の圧迫を管理するための手術、側弯症の矯正などがあります。
  • 痛みを伴う骨の変形および再発性骨折は通常、矯正骨切り術の有無にかかわらず、髄内桿体で治療されます。
  • アキレス腱などの下肢拘縮の場合など、軟組織手術が必要になることがあります。
  • 患者さんの頭や舌が比較的大きいため、また首が短い患者さんでは、麻酔関連の問題が発生することがあります。胸部変形は呼吸器合併症を引き起こす可能性があります。骨折は、血圧計カフまたは止血帯の結果として発生することがあります、または患者を動かすときに発生することがあります。温熱療法や発汗の増加も問題になる可能性があります。

予後

  • 死亡率と罹患率は非常に変わりやすいです。
  • タイプIには通常の平均余命があり、タイプIVではわずかに減少します。
  • 変形がひどい場合(例:タイプⅢ)、患者は可動性を失い車椅子になる可能性があります。

防止

  • 既知のコラーゲン変異を有する家系では、妊娠初期の絨毛膜絨毛生検からの胎児DNA分析が可能であるかもしれない。
  • 潜在的遺伝子治療の設計は、疾患の遺伝的異質性およびほとんどのOI突然変異がドミナントネガティブであるという事実によって複雑になり、ここで突然変異対立遺伝子産物は正常な対立遺伝子の機能を妨害する。[11].

歴史ノート

Charles Adair-Dightonは、イギリスの耳鼻咽喉科医で、1885年にリバプールで生まれました。1912年に、常染色体優性のブルー強膜の伝染と成人発症型難聴との関連を初めて説明しました。

1918年に、ユトレヒトのvan der Hoeveとde Kleynは、骨形成不全において、脆い骨が青い強膜と難聴に関連していた症候群を説明しました。これはスウェーデンの医師、Olof Ekmanによっても指摘されました。

この情報は役に立ちましたか? はい いいえ

ありがとう、私達はあなたの好みを確認するためにちょうど調査Eメールを送りました。

さらに読むことと参照

  • 脆性骨協会

  1. フォリーノA、マリーニJC;骨形成不全症ランセット2016年4月16387(10028):1657-71。 doi:10.1016 / S0140-6736(15)00728-X。 Epub 2015 11月3日

  2. シェーカーJL、アルバートC、フリッツJ、他;骨形成不全症における最近の進歩F1000Res。 2015年9月74日(F1000ファカルティレヴ):681。 doi:10.12688 / f1000research.6398.1。 eコレクション2015。

  3. 骨形成不全症(タイプ);男性のオンラインメンデル遺伝(OMIM)

  4. グロリューFH、ワードLM、ラウフF、他;骨形成不全症VI型:石灰化障害を伴う脆性骨疾患の一形態J Bone Miner Res。 2002 Jan17(1):30-8。

  5. ワードLM、ラウフF、トラバーズR、他;骨形成不全症VII型:常染色体劣性型のもろい骨疾患骨。 2002年7月31日(1):12−8。

  6. Valadares ER、Carneiro TB、Santos PM、他;遺伝学および骨形成不全分類の新しい点は何ですか? J Pediatr(Rio J) 2014年11月〜12月90日(6):536〜41。 doi:10.1016 / j.jped.2014.05.003。 Epub 2014 7月18日。

  7. マリーニJ、スミスSM;骨形成不全症。

  8. Cundy T;骨形成不全症における最近の進歩カルシフティッシュイント。 2012 Jun90(6):439-49。 doi:10.1007 / s00223-012-9588-3。 Epub 2012 3月27日。

  9. カスティージョH、サムソン - ファングL;骨形成不全症の小児におけるビスホスホネートの効果AACPDMの系統的レビューDev Med Child Neurol。 2009年1月51日(1):17〜29。

  10. Dwan K、フィリピンCA、Steiner RD、他;骨形成不全症に対するビスフォスフォネート療法Cochrane Database Syst Rev. 2014 Jul 23(7):CD005088。 doi:10.1002 / 14651858.CD005088.pub3。

  11. Niyibizi C、Wang S、Mi Z、他;骨形成不全症に対する遺伝子治療アプローチ遺伝子サー2004年2月11日(4):408〜16。

浮腫の腫れ

真菌性ネイル感染症