腎がん

腎がん

この記事は 医療専門家

プロの参考記事は、医療専門家が使用するために設計されています。それらはイギリスの医師によって書かれて、研究証拠、イギリスとヨーロッパのガイドラインに基づいています。あなたは見つけるかもしれません 腎臓がん より有用な記事、または私たちの他の記事 健康記事.

腎がん

  • 疫学
  • プレゼンテーション
  • 鑑別診断
  • 調査
  • ステージング
  • 管理
  • 合併症
  • 予後
  • 防止

同義語:RCC、過腎、グラウィッツ腫瘍

腎細胞癌(RCC)は成人の腎臓の腫瘍の最も一般的なもので、腎臓から発生する新生物の80%以上を占めます。1 小児では、ウィルムス腫瘍が最も一般的です。腎臓の良性腫瘍はまれです。 RCCは、近位腎尿細管上皮に由来する。腎がんは遺伝性および非遺伝性の形態で発生し、どちらも3番染色体の短腕の構造変化に関連しています(3p)。

RCCはさらに細分することができます。ほとんどのRCCは透明細胞であり、他の種類のRCCは乳頭状癌、発色団性癌および集合管癌である。

その他の組織型の腎腫瘍には以下のものがあります。

  • 移行上皮癌。
  • 腎がん細胞腫
  • ウィルムス腫瘍
  • 血管筋脂肪腫 - 結節性硬化症患者によく見られます。
  • 平滑筋肉腫
  • 肉腫。
  • 腺腫 - 死後の偶発的な所見としてしばしば見られる。人生の間に診断されるならば、それは腺癌との組織学的類似性のために部分的な腎摘出術で治療されます。

疫学

  • 腎臓癌は全悪性腫瘍の約2〜3%を占め、西欧諸国で最も発生率が高い。2
  • 男性は女性よりも影響を受ける可能性が高く、1.5:1の比率です。
  • 腎がんの発生率は40歳以降に上昇し始め、60〜70歳の間で最も高くなります。
  • いくつかの危険因子、特に喫煙と肥満が確認されています。
  • RCCの約2〜3%が遺伝性であり、いくつかの常染色体優性症候群が記載されており、それぞれが異なる遺伝的根拠および表現型を有し、最も一般的なものはフォン・ヒッペル・リンダウ病である。3
  • 1970年代後半以降、英国では腎がんの発生率が2倍以上になりました。いくつかの要因があるように見え、そしていくつかは予防可能です、特に喫煙と肥満。1

危険因子

  • 危険因子には、ライフスタイル、喫煙、肥満、高血圧などがあります。2
  • 他の危険因子には、長期腎透析、結節性硬化症、腎移植レシピエントおよび後天性腎嚢胞性疾患が含まれる。

プレゼンテーション2

超音波およびCTスキャンの使用は無症候性RCCの検出を増加させました。非特異的な特徴を調べるために超音波を使用すると、成人の腎腫瘍の50%以上が検出されます。

  • 血尿、腰痛および腰部腫瘤の古典的な三つ組は、今ではあまり見られません。
  • 他の症状としては、疲労、減量、肉眼的血尿、触診可能な腫瘤、精索静脈瘤、両側性足首浮腫、原因不明の発熱、高血圧などがあります。
  • 検査に異常はないことが多い。
  • 25〜30%の患者が転移性疾患の症状、例えば喀血、骨痛または病的骨折を呈します。
  • 腫瘍随伴症状(例、神経筋症、貧血、多血症、アミロイドーシス、ESRの上昇、高カルシウム血症および異常なLFT)は、患者の約30%に見られます。2

広がる

  • 広がりは副腎、肝臓、脾臓、結腸または膵臓の隣接する構造への広がりです。局所リンパ節がしばしば関与します。
  • それは腎静脈の中へ、そして次に下大静脈の中へ伸びるかもしれません。
  • 肺は転移の最も一般的な部位です。大砲のボールの2次の古典的な絵はほとんど診断的です。
  • それは骨溶解性病変を生じる骨に転移する癌の一つです。

鑑別診断

鑑別診断は症状によって異なります。さまざまな原因について議論している別の記事、腹部腫瘤、腰痛、および血尿を参照してください。

調査

  • 尿路感染、細胞診、培養および感度は、尿路感染症を除外するために行われるべきです。
  • 腎機能検査しかし、腎臓が正常に機能していれば、腎機能は正常なはずです。
  • FBCは、鉄欠乏性貧血(血尿による)または白血病(一部の腎腫瘍はエリスロポエチンを産生し、ヘマトクリットを増加させる)を検出することがあります。
  • 静脈内造影前後のCT腎スキャンは最良の初期調査である。2結果があいまいな場合は、MRIまたは超音波スキャンを使用できます。
  • 多検出器CT 3次元マッピングおよび拡散強調MRIイメージングなどの機能強化は、それぞれ形態を確認して静脈病変を特定するのに役立ちます。
  • 特に流れの障害を示すために、静脈内尿路造影(IVU)が必要な場合があります。 IVUは、明細胞癌を検索するための良い方法ではありません。
  • 膀胱鏡検査は、血尿の原因として膀胱腫瘍を除外することができます。
  • 腎血管造影は、おそらく血液供給を評価するために必要とされるかもしれません。
  • CXR - 古典的な大砲球の2次球が肺に見られることがあります。それらは別々の環状転移である。胸部CTスキャンはより敏感です。
  • 転移:骨転移には、骨格調査または骨スキャンが必要な場合があります。症状によっては、脳CTスキャンも必要になる場合があります。
  • 腎生検は適応されるかもしれません - 例えば、以前の組織病理学なしでサーベイランスまたは全身療法で治療されている患者において。

ステージング

現在のコンセンサスは、ヨーロッパのガイドラインで推奨されているように、腫瘍、結節および転移(TNM)2010システムを使用することです。2

  • T:原発腫瘍:
    • TX:原発腫瘍は評価できない。
    • T0:原発腫瘍の証拠なし。
    • T1:腎臓に限定された最大寸法が7cm未満の腫瘍。
      • T1a:腎臓に限定された最大寸法が4cm未満の腫瘍。
      • T1b:最大寸法が4cmを超えるが7cm以下の腫瘍。
    • T2:最大寸法が7cmを超える腫瘍(腎臓に限る):
      • T2a:最大寸法が7cmを超えるが10cmを超えない腫瘍。
      • T2b:腎臓に限定された> 10cmの腫瘍。
    • T3:腫瘍は主静脈または腎周囲組織に拡がりますが、同側副腎には及ばず、Gerota筋膜を超えません
      • T3a:腫瘍が腎静脈またはその分節(筋肉を含む)の分枝に大きく進展している、または腫瘍が腎周囲および/または腎静脈洞(骨盤周囲)の脂肪に浸潤しているがGerotaの筋膜を越えて浸潤していない。
      • T3b:腫瘍は横隔膜の下の大静脈内に大きく広がっている。
      • T3c:腫瘍は、横隔膜の上の大静脈またはその壁の中に大きく広がっているか、または大静脈の壁に浸潤している。
    • T4:腫瘍がGerotaの筋膜を越えて浸潤している(同側副腎への連続的な進展を含む)。
  • N:所属リンパ節:
    • NX:所属リンパ節は評価できません。
    • N0:所属リンパ節転移なし。
    • N1:単一の局所リンパ節への転移。
    • N2:複数の所属リンパ節転移。
  • M:遠隔転移:
    • M0:遠隔転移なし。
    • M1:遠隔転移

管理

限局性疾患

  • 手術は、腫瘍の病期に応じて、放射線療法および/または化学療法の有無にかかわらず治療の基礎となります。根治的腎摘除術は、限局性RCC患者に対するもはや標準的な根治療法ではない。2
  • 部分的腎摘出術は、直径7 cm未満の限局性腫瘍を有する患者に対して(可能な限り)最優先と考えられる。3
  • 腹腔鏡手術が関与している可能性があり、国立衛生研究所(NICE)は、腹腔鏡下腎摘出術および腹腔鏡下腎部分切除術の両方について報告している。4, 5 これらは適切な専門知識を持つセンターに限定されるべきです。腹腔鏡下根治的腎摘除術は、開腹手術と比較して罹患率が低い。2
  • 低侵襲手術(例えば、画像誘導経皮ラジオ波(RF)アブレーション、凍結アブレーション、マイクロ波アブレーション、レーザーアブレーションおよび高密度焦点式超音波アブレーション)は、より小さい末梢腫瘍を伴う開腹手術または腹腔鏡手術に適さない患者にとっての選択肢であり得る。 NICEは、経皮的RFアブレーション、腹腔鏡下凍結療法、経皮的凍結療法、および不可逆的エレクトロポレーションを腎臓がんの治療の選択肢として使用することを推奨しています。6, 7, 8, 9
  • 腎動脈塞栓術は、腎腫瘍のpre-RFアブレーション梗塞、切除不能な腎悪性腫瘍の緩和、および腎出血に使用することができます。10
  • 副腎浸潤の危険性が高い大きな上極腫瘍の場合を除いて、通常、副腎は免れることができます。
  • 年配の患者では、治療の危険性は病気の生存率と比較検討しなければなりません。3この点を支援するために、意思決定支援ノモグラムが開発されました。11

進行性/転移性疾患

  • 腫瘍腎摘出術は、インターフェロンアルファ(IFN-α)と組み合わせた転移性疾患を有するその他の患者には推奨される。
  • 標準的な化学療法は、RCC患者には効果がないと考えられています。
  • 免疫療法 - IFN-αまたはインターロイキン2(ILN-2)は、明細胞亜型の組織型を有する選択された患者において考慮され得る。 Aldesleukin(組み換えILN-2)は転移性RCCに対して認可されていますが、パフォーマンス状態が悪い患者には認可されていません そして 転移性疾患部位を有する複数の臓器 そして 原発腫瘍の最初の診断から治療の評価日までの24ヶ月以内の期間
  • 分子療法:
    • 特定の分子標的を有するいくつかの薬物は、進行性RCCの治療において利点を示している。12, 13
    • スニチニブ(チロシンキナーゼ阻害剤)は、免疫療法に適しており(例えば、IFN-α2a)、可動性で軽作業に十分適している患者における進行性または転移性RCCの第一選択治療としてNICEによって推奨されている。スニチニブは、一群の密接に関連したチロシンキナーゼ受容体を遮断することによって癌細胞の増殖を阻害する。14
    • パゾパニブ(チロシンキナーゼ阻害剤)は、以前にサイトカイン療法を受けたことがない進行型RCC患者のための第一線の治療選択肢としてNICEによって推奨されています。15
    • エベロリムス(プロテインキナーゼ阻害剤)は、進行性RCCの二次治療にNICEによって推奨されていません。16
    • 2009年8月、NICEはベバシズマブ(血管内皮細胞増殖因子を阻害するモノクローナル抗体)、ソラフェニブおよびテムシロリムス(プロテインキナーゼ阻害剤)は、転移性または進行性疾患の第一選択治療として使用しないことを発表すでにこれらの薬の一つを服用している患者のためソラフェニブ(複数のキナーゼの阻害剤)およびスニチニブは、この群の患者における第二選択薬として推奨されていません。17
  • 転移巣切除術は、そうでなければ適切な患者に疾患が切除可能である場合に推奨される。それはまた、以前に免疫療法に反応していた残存および切除可能な転移性病変、および/または限定された(孤立性)病変を有する患者においても実施されるべきである。
  • 脳転移(全脳照射または定位アプローチ)および骨病変の治療のための放射線療法は、選択された患者の緩和療法として役立つかもしれません。
  • ビスフォスフォネート療法は、転移性RCCによる骨転移患者の骨格関連事象を軽減することが示されています。3

合併症

腫瘍随伴症候群は次のように発症します。3

  • エリスロポエチン産生による多血症。
  • 副甲状腺ホルモン様ホルモンの産生による高カルシウム血症

予後1

  • 腎臓癌の生存率は改善しており、英国では過去40年間で増加しています。
  • イギリスとウェールズで腎臓がんと診断された人々の50%が10年以上生存しています(2010-11)。
  • イギリスとウェールズで腎臓がんと診断された人々の56%が5年以上生存しています(2010-11)。
  • イギリスとウェールズで腎臓がんと診断された人々の72%が1年以上生存しています(2010-11)。
  • 腎臓癌の生存率は1年と5年で女性より男性で高いが、10年で同様である。
  • 腎臓癌の生存率は、50歳未満と診断された人で最も高くなります。
  • 15〜49歳と診断された人々の約4分の3は、5歳以上にわたって自分の病気で生存しますが、80歳以上と診断された人々の3分の1未満です。
  • 早期RCCと診断された場合、腎臓癌患者の8%以上が5年以上生存しますが、後期RCCと診断された場合は10%以下です。
  • 転移性RCC患者の予後不良の指標には、低パフォーマンス状態、高血清乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)、低ヘモグロビン、高血清カルシウムおよび以前の腎摘除術の不在が含まれる。18

防止

  • 喫煙は依然として主要な原因であるが、喫煙の発生率はRCCの症例数と並行して増加していない。2
  • 肥満はヨーロッパとアメリカで増加しています。病的肥満はリスクを2倍にします。太りすぎで肥満ではない人は、RCCを発症する可能性が35%高くなります。
  • スクリーニングは現在、特定のRCCサブタイプと関連する既知の遺伝的系統の1つを有すると同定された患者に限定されている。19

この情報は役に立ちましたか? はい いいえ

ありがとう、私達はあなたの好みを確認するためにちょうど調査Eメールを送りました。

さらに読むことと参照

  • マクミラン癌のサポート

  • 上部尿路の尿路上皮癌に関するガイドライン;欧州泌尿器科学会(2016)

  1. 腎臓がん統計;癌研究イギリス

  2. 腎細胞癌のガイドライン;欧州泌尿器科学会(2016)

  3. 腎細胞癌:診断、治療および経過観察のためのESMO診療ガイドライン;欧州腫瘍腫瘍学会(2014)

  4. 腹腔鏡下腎摘出術(腎尿管摘出術を含む); 2005年8月のNICE介入手続ガイダンス

  5. 腹腔鏡下腎部分切除術、NICE介入手技ガイダンス、2006年1月

  6. 腎臓癌の経皮ラジオ波焼灼術; 2010年7月のNICE介入手続ガイダンス

  7. 腎臓癌に対する腹腔鏡下凍結療法; 2011年8月のNICE介入手続ガイダンス

  8. 腎腫瘍に対する経皮的凍結療法; 2011年7月のNICE介入手続ガイダンス

  9. 腎臓癌治療のための不可逆的エレクトロポレーション; NICE介入手続ガイダンス、2013年2月

  10. Ginat DT、Saad WE、Turba UC;経カテーテル腎動脈塞栓術臨床応用と技術Tech Vasc Interv Radiol。 2009年12月12日(4):224−39。

  11. Kutikov A、Egleston BL、Wong YN、他;包括的なノモグラムを用いた限局性腎細胞癌患者における全生存期間と競合する死亡リスクの評価J Clin Oncol。 2010 Jan 1028(2):311-7。 Epub 2009 11月23日。

  12. Coppin C、Le L、Porzsolt Fなど;進行性腎細胞癌に対する標的療法Cochrane Database Systリビジョン2008年4月16日(2):CD006017。

  13. Rini BI、キャンベルSC、Escudier B;腎細胞癌ランセット2009年3月28373号(9669):1119−32。 Epub 2009 3月5日。

  14. 進行および/または転移性腎細胞癌の第一選択治療のためのスニチニブ; NICEテクノロジ評価ガイダンス、2009年3月

  15. 転移性腎細胞癌のファーストライン治療のためのパゾパニブ; 2011年2月NICE技術評価ガイダンス

  16. 進行性腎細胞癌の二次治療のためのエベロリムス; 2011年4月NICE技術評価ガイダンス

  17. 進行性および/または転移性腎細胞癌の治療のためのベバシズマブ(1行目)、ソラフェニブ(1行目および2行目)、スニチニブ(2行目)、テムシロリムス(1行目); NICEテクノロジ評価ガイダンス、2009年8月

  18. Volpe A、Patard JJ;腎細胞癌の予後因子ワールドJウロル。 2010年6月28日(3):319〜27。 doi:10.1007 / s00345-010-0540-8。 Epub 2010 4月3日。

  19. ウッドLS;腎細胞癌:スクリーニング、診断、および予後Clin J Oncol Nurs。 2009年12月13日補給:3-7。

妊娠とHIV

セレン